FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは!僕髪を茶色にそめましたよっ
まあそんなことはおいといて物語の続きを話そうか・・・。

~キャンプ二日目~

モンゴル式のテントで俺は5時ごろ、まだみんなが寝静まっている時間に起きてしまった。外はかなり寒く、サトシもキテレツも寝ていた。

俺「サトシちゃんの寝顔かわいいわね」

と気持ち悪く小声でいってみたりした。その後はすることもなく寝たのだった。二度寝というやつだ。それから何分たっただろうか。声が聞こえた・・・これはサトシの声か?

サトシ「元気~おきてーー」

俺「ん~~」

サトシ「元気~!!」

俺「ビクッ」

俺「スヤスヤ」

サトシ「みてみてこれ隕石」

俺「!!」

俺「なにそれ!!」

サトシ「やっとおきた~、昨日月とか星すごかったジャン?あれで流れ星がそこにおつたらしいww」

俺「うわーすげーー」

俺「ちょっと髪セットしますんであとでいきます」

サトシ「あい。火たいてるからいつでもきてねー」

俺はUNOを持ち、髪に手をやった。するとあろうことか寝癖で髪がぺたんこになっていた。もちろん鏡などなく適当にぱっぱとやっていたらサトシがきて

サトシ「元気・・・いつもと髪型ちがうね」

俺「おかしい?」

サトシ「いや・・・w」

なんか怪しかったので俺はもう一度やってみることにした。

これでいいかなっとおもったのでご飯作る所までいった。するとキテレツとサヤカとサトシがとラインが火の回りに集まっていた。

俺「さっきの隕石は?」

ライン「隕石wwww」

俺「?」

サトシ「あれはマシュマロをここの火であたためてうますうますしようとしたんだけど燃えすぎて膨れたんだよねあほほほ」

俺「わわわ」

みんなも寒かったので料理を作る用の火にいた。スタッフが次々とフレンチトーストを華麗につくっていく

スタッフ「シュッシュッ」

サヤカ「ハイ!ハイ!」

しばらくするとご飯の支度ができたのでみんなで準備にとりかかった。
みんなで外にでてシートの上にすわり、ゼリーとフレンチトーストと食器を並べていった。そしてみんなでいただきますをして貪った。

俺「そこのメープルシロップとっていただけますかー・・・。」

スタッフ「あいよ~」

スタッフ「メープルシロップ入りました~」

みんな「イエッサー!」

何の白装束集団といわんばかりのわろすさに俺はわろていた。
そこではちみつなどいろいろなものをフレンチトーストにかけてたべていた。そしてご飯を食べ終わり、食器などを片付けることに。
みんなでそそくさと片付けていざ山へ出陣!!!

次号「いよいよ今回の醍醐味!元気は無事戻れるのか!?」


スポンサーサイト





段々手抜きになってきてますね
【2006/10/15 00:52】 URL | Lumble #-[ 編集]
読者だったんですか
【2006/10/15 02:02】 URL | 聖剣心 #-[ 編集]
前回と比べて短い
【2006/10/15 07:45】 URL | こてい #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2006/10/15 12:58】 | #[ 編集]
実は適当だったり
【2006/10/15 18:50】 URL | エル #-[ 編集]
おはよう
【2006/10/16 06:24】 URL | もぐ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する





| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 すげー・・・日記☆Rebirth☆, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。