FC2ブログ
503.jpg




906.jpg

スポンサーサイト




ぽんぽんちきんのすっとこどっこいのぴんぴこぴーめ!

オレンジレンジが好きだったやつが
KAT-TUNが好きになってるっての多くね?

こだわりがないって怖いですね

俺たちはあるやつらから逃げている。
特に悪いことはしていない。
ただやつらは俺らをみただけで殺そうとしてくる。
殺された仲間たちは数がしれない。戦うことはできない、力の差がありすぎる。俺たちはただ逃げることしかできない。
俺の名前はY今いる仲間の名前はZとXだ
Zはムードメーカーで俺たちを元気付けてくれる
Xは俺の先生ともいえるクールで冷静な判断を下せる頼りになる男だ。
俺たちは逃げているとやつらに見つかった
そうするとやつらは毒ガスを吹きかけてきた
「X!Y!逃げて!」
Zがもだえながらそう叫んだ。俺は助けに行こうとしたがZが止めた
「何故とめる!」
「あいつの命を無駄にするつもりか!」
確かにそのとおりだった。だがこのまま見捨てるというのは無理だった
Zは俺を無理やり引いていった。Zも心が痛んだんだろう
俺とZはしばらく二人で行動していた
俺たちは腹がすいていたので食料を探していた
すると目の前に食料がおいてあった
俺たちはわが目をうたがった。だが幻覚ではなかった。俺とZはそれに食らいつこうと近づくと、俺とZは身動きが取れなくなった。
「くっこれもやつらの罠か!」
Zは俺を蹴飛ばし脱出させてくれた。「早くにげろ!やつらがくるぞ!」
俺はいまだかつてないZの罵倒と顔を見て、驚きと共に逃げ出した。
そして今おれは一人で隠れながら逃げている。
空腹が絶えず襲ってくる中、またも食料をみつけた。

トラップかどうか、そんなことを考える余裕すらなかった。
俺は食料にとびついた。だが今度はトラップなどはどこにもなかった
俺は食料にかぶりついた。
すると腹に激痛が走った
「やつら、毒も仕掛けてあるとは・・・・。」
俺は意識がなくなり、倒れた。







「あらやだ、ここでも死んでるじゃない」

そういって一人の女が一匹のゴキブリを捨てた。

くるみ
Mr. Children

つまりこういう感じ



                  ,, -,, -   、
                //  、__、ヽ }:,ト、,}l
 ┬r─────-┐  / /   、ヽ::::::::::::::::::::} ,イ
 || |  ̄ ̄ ̄ ̄ | |        _ム'`::::::::::::::::::レ'ム,ィ
 || |       ||       _,レ':::::j`'-、:::ィィ:::::ノ
 || |       ||       >:::::::> 〉:::::::::::::彡
 || |       ||      _,ノ戈;;:::::Z `フ:::::::<_   寝むれねー
 || └───- ┘|    r''" `'-、フルi::::::::::::::トゞ゙
 コ┴───-┬─┘  / `ヽ  /  '^'ヘトハト!`ト、
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄-日-|   | /  〉--''''''''''''''''''''l ノ \
 ヨ .||二二二二二二|_  //,/ |    ___  |入_, /
  ̄〔`-、キキキキキキキキ`-| ,/ /    |___| | `'/
. 二二二二二二二二二|/  |l__ /三/_|''''′
        __|_,、,、/  l| /  ̄||三|
   / ̄ ̄    `''`'l   |l/へ、_,||三|   、, -、
   | `\`''-、     〈、  j-二==-||三|   `i、_ノ
   |l  ``'''ニ=-──┤`Y_,,,,,,ム..ノ゙||三|、
.   | l   /    |  ノ`''{===f==i==イ=ヲ''
  || l  |    |  |  ノ |、[ ̄|  | |
  | l. |    |  l|ト,ヽ | 「''-'1 ||
 _|  ヽ 」--''''''''`'''''--..,,,,||   | ||

生卵を電子レンジであたためると

絶対に笑ってはいけないスレ

きのう飯くってきたとですよ
それでね

おじいちゃんおばあちゃんが食ってた斜め後ろでくってたとですよ
それでね

僕がからあげくってるとおじいちゃんおばあちゃんがくいおわったとですよ
それでね

その店のバイトの子(女二名)がやってきたとですよ
それでね

おじいちゃんおばあちゃんが食べ終わった食器を片付け始めたとですよ
それでね

その二名の女どもは「きたねーw」とほざきだしたとですよ
それでね

僕が怒りをあらわにしてそ女どもをしばいてる想像をしたとです。
それでね

僕はカルシウム足りてるのでそんな事はしませんでしたかとですよ
それでね

僕はそんなことをおもいつつご飯をたべたとですよ
それだけ

今北産業

VIPEERの会社


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2006 すげー・・・日記☆ARMY☆, All rights reserved.